会社・スタッフブログ

気になったので調べてみました(^^)

こんにちは!

グレースホーム スタッフの優です☆

 

本日は、『建築の職人の起源』について

お話をしたいと思います(^^)

 

家づくりにおいて『左官』と言う言葉は、

皆さんもお聞きしたことがあるのではないでしょうか?

 

『左』があると言うことは…

 

『右』もあるのか!?(゜゜)

と思ったので調べてみました♪

 

 

気になったので調べてみました(^^)

大昔、家を建てる現場には、棟梁と左官と右官がいたそうです。

棟梁は全体の統括(総合責任者)して、左官は土関連の仕事を担当、

そして右官は木関連の仕事を担当していました。

 

つまり、右官は大工さんのことです。



しかし、棟梁が大工を兼ねるようになり、

右官という呼び方は廃れて行ったとのこと。

(諸説ありなので悪しからず…)

 

 

 

「左官」は今でもあり、塗り壁を塗ったりする職人さんのことです。

 

土に関わる仕事が「左官」で、

木に関わる仕事が「右官」。

 

なんともシンプルで、わかりやすい仕事形態。

 

今でこそ、多種多様な材料・工法がある中で

2つの仕事に分けることは難しいかもしれませんが、

言葉から見る建築に関わる仕事とは奥深いものです。

 

 

本日はここまで☆それでは(^^)/~


 

TOP