アールプラスハウスの家づくり

「R+house」(アールプラスハウス)の家づくりを3つの視点でご紹介いたします。

Design 建築家との家づくり

建築士に住宅設計を依頼するなんて、敷居が高くてムリ──そんな、今までの常識を覆したのが「R+house」(アールプラスハウス)の家づくり。
憧れのアトリエ建築家の手によるプランニングを手に届く価格で実現した画期的なシステムです。

01お客さまの理想をカタチに
【質の高いヒアリングから生まれる長く愛せる建築デザイン】

“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。

Design 建築家との家づくり

「目を閉じて想像してください。これから建てる家で何をしている姿が思い浮かびますか?」建築家は時にこんな質問で、お客さまが家に求めるイメージを伺います。
一般的な設計士は「何部屋ほしいですか?」「和室は必要ですか?」という質問をしますが、建築家が行うのは何が本当に大切なのかを浮彫にするヒアリング。 そうすることで、そこで暮らすご家族が永く愛せる、空間をデザインしていくのです。

「住みやすさ」「デザイン」「性能」すべてを満たしたお客様に最も相応しい"建築家住宅"をカタチにします。

02お客さまの理想をカタチに
【空間をデザインする設計力】

お客さまの理想をカタチに【空間をデザインする設計力】こんな土地に住宅は建てれるのだろうか…。そんな時も、まずはご相談ください。
建築家は、図面上の土地形状を確認するだけでなく、実際に土地を訪れ、隣地の状況や光の当たり方や風の流れなどを確認します。
そうすることで、より環境や生活に沿った住宅をご提案することが可能になります。
全く同じ環境の土地は、ありません。土地の形状や、周りの環境にも考慮した家づくりを行います。

03お客さまの理想をカタチに
【コストの節約も考えたプランニング】

お客さまの理想をカタチに【コストの節約も考えたプランニング】 注文住宅は、作り方によってかかるコストも変わってきます。 例えば、窓の数。窓がたくさんあると広々と感じ、明るくなりそうと、思われる方もおられるのでは無いでしょうか。 しかし、コストや耐震性、性能を考えると、むやみやたらに窓をつける必要はありません。 風の入り方や抜け方、日差しの取り込み方や、避け方を考えることで、住んだ後の光熱費も考慮し、必要な箇所に適切な窓をご提案致します。 たった一つの窓でもコストの一部です。必要なものに必要なお金をかける。 そんな家づくりを一緒に考えませんか。

建築家との家づくり3つのフロー

R+houseでは、建築家との家づくりが以下のような流れで進みます。

STEP1 ヒアリング

STEP1 ヒアリングお客様のライフスタイルや、将来のライフプランなどを建築家が詳しくお伺いします。ご夫婦の趣味や、未来の家族像、家族の日々の過ごし方や大切にしている時間など、どんな些細なことでも、みなさまが描きたい「暮らし」のお話をじっくりお聞かせください。

arrow

STEP2 プランのご提示

STEP2 プランのご提示お客様それぞれのライフスタイル・価値観に最適なプランを、模型やパースなど、イメージしやすい形でご提示いたします。将来のライフスタイルの変化まで見据えた、柔軟性のある空間を建築家がデザインします。追加のご要望にも対応いたしますので、お気軽にお申し付けください。

arrow

STEP3 仕様の決定

STEP3 仕様の決定お客様からいただいたご要望を取り入れ、細部までつくり込んだ最終プランを練り上げます。キッチンや洗面台、壁の色やドアなどの仕様、色合いのバランスなどの細かなこだわりも反映します。ご提示した内容に納得いただけた段階で、建築確認申請・工事契約など正式なご契約へ移ります。

Performance 夏涼しく、冬暖かい家

断熱材にこだわったから。新築だから。でも、住んでみたらなんだか、暑くて寒い。。。
なぜだろう・・・。大切な家族と永く暮らす住宅だから。快適にそして、健康的に暮らせる家。
地震に強く安全な家。理想の住まいを性能面からも支えます。

01高断熱
【命を守る断熱性能】

高断熱 【命を守る断熱性能】

日本の住宅は、暑くて寒いのが当たり前?!と、思っていませんか?
昨今、住宅の環境が見直されてきたとはいえ、まだ日本に建つ住宅の約8割近くが暑くて寒いと感じてしまう住宅です。

例えば、リビングを出たら、廊下が凄く寒い。浴室から出たら、脱衣室が凄く寒い。
暖かい寝室から、寒いトイレへ等。こうした時に、心配されるのが、体にかかる負担。。。
交通事故にあう確率よりも、お家の中でヒートショックでなくなる方のほうが多いのが現状です。

実はあとから、断熱工事を行うのは、すごく大変。けれども、これからずっと暮らす家。
今後を見据えて、基準の一歩先をいく断熱性能の家を検討してみてください。

02高気密
【実際の性能を数値で表す】

高気密 【実際の性能を数値で表す】

断熱にもこだわったし、UA値もばっちり。もう一点こだわっていただきたいのが 気密性能。
最高の断熱性能でも、気密性能がイマイチだったら、せっかくの 断熱性能も十分に発揮されません。

しかしながら、気密性能は国の基準はありません。

なぜならば、施工にかなりの気力を使うからです。施工する業者の方々の腕の見せ所です。
断熱性能はあくまでも机上の数値。気密性能は、実際に施工途中の現場で測定します。

アールプラスハウス中津・行橋店では、気密性能の基準は、C=0.5以下。 また、全棟で気密測定を実施致します。

断熱性能

※表はスクロールできます

断熱基準と
断熱性能表
無断熱 2020年
義務化基準
ZEHゼロエネルギーハウス HEAT-20
G1
HEAT-20
G2
Q1 R+house
中津・行橋店
パッシブハウス
UA値 ? 0.87 0.6 0.56 0.46 0.24 0.35 0.24
Q値 ? 2.7 2 1.9 1.6 1 - 1
C値 - - - - - 1cm²/m² 0.2cm²/m² 0.3cm²/m²
年間の電気代 - 19.2万円 17.7万円 17.5万円 16.4万円 10万円 8.4万円 5.4万円
備考 - - - - 北海道
省エネ相当
日本の
最高レベル
弊社基準 ドイツのエコハウス基準
03計画換気
【躯体を長持ちさせる換気の重要性】

断熱、気密ときたら、最後に計画換気です。花粉や、PM2.5、ウイルス感染症などが気になる現代。
確かに、天気のいい日に窓を開けるだけで、すごく心地よい気分になります。
しかしながら、窓を開けるだけでは家の隅々まで換気は出来ません。また共働きのご家庭も多く、平日は 防犯面を考え、完全に窓を閉めていることも多いのではないでしょうか。

実は、高気密住宅にすることで、家中の空気を2時間に1度換気システムを利用して入れ替えます。
また、アールプラスハウス中津・行橋店では、熱交換型の換気システムを採用。
外の温度を、室内の温度に変換して取り込みます。 家中の空気をきちんと換気することで、室内のみならず、家を支える躯体も長持ちさせます。

計画換気 【躯体を長持ちさせる換気の重要性】

Cost 高性能と"低コスト"の両立

R+houseでは"高性能"と"低コスト"の両立を求め、独自のルールを設けています。その範囲内で建築家が設計することで、高品質ながらも手の届く価格を実現しています。

01良いものを適正な価格で
【建材の仕入れ方】

良いものを適正な価格で建材の仕入れ方】

住宅には、たくさんの部材があります。一つ一つの価格は小さなものから大きなものまで。
その、たくさんある建材の中から、品質を落とすことなく、手ごろな価格でご提供出来る部材は何か。。。
を、日々追求し、ピックアップしていきます。
ピックアップした建材には仕入れ方に工夫があります。
例えば、インターネットを使った直接取引での仕入れ方です。
インターネットを利用し、メーカーと直接取引をすることで、
人件費や、保管費などの中間マージンを無くすことで、価格を抑えた家づくりを実現します。

02無駄を無くす
【部材の使い方】

無駄を無くす良いものを適正な価格で建材の仕入れ方】

部材には、寸法の規格が存在します。その規格を超えた高さや巾のモノを作ろうとした場合
部材を継ぎ足すことで、成立します。しかしながら、継ぎ足したことにより、カットする手間賃や、
カットして使えない残った部材は、破棄をする為の費用がかかってきます。
部材の使い方を工夫することで部材の無駄や手間賃を無くします。

03ルールを設ける
【建築家と工務店とメーカーの連携】

初めて家を建てる人に、コストのかかるところ・かからないところを判断するのは難しいところです。
そこでR+houseは、この目に見えないコストを極力少なくするための"ルール"を設定することで、
家自体のクオリティは高いままに、コストのみを抑えた家づくりを可能にしました。
単に、質を落として安くした住宅なら世間にあふれていますが、それでは意味がありません。
100人100様の個性も大切ですし、当然ですがクオリティもとても重要になります。
自由にできる"幅"を大きく残しながら「もったいない」をなくすルールの中でつくるオーダー住宅。それがR+houseのマイホームづくりです。

04省エネルギーな暮らし
【省エネルギーな暮らし】

住宅は、住み始めてからもコストがかかってきます。
毎月必要な光熱費は、長い目で見ると実はかなりの住宅のコストに。
建物の費用を抑えるために、毎月光熱費がグンとかかる住まいと建物に費用をかけたけれども、毎月の光熱費がかなりおさえられた住まい。
どちらを選びますか?光熱費の金額も含めて検討してみましょう。

今、資料請求して頂くと もれなく プレゼント!

TOP