中津で注文住宅を手がける阿部建設が資金計画についてお話しします。

GRACE HOME 株式会社 阿部建設

MENU

TOP

家づくり勉強会のお知らせ

モデルハウス見学会

会社・スタッフブログ

資金計画

マイホーム購入で失敗しないためのヒント

多くの方にとって、マイホーム購入は一生に一度。何千万という大金が動く買い物だけに、資金計画をどうするかが重要です。住宅ローンはどの商品を選ぶか、返済計画をどうするかといった基本的なことはもちろんですが、家づくりにかかるコストをしっかり洗い出しておくことも大切です。ここでは、中津・豊前・宇佐で注文住宅をご提案する「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」がこの資金計画をどう考えるべきか、わかりやすく解説します。

将来を見据えた資金計画

最低でも数千万円程度の費用が生じる新築一戸建て。もちろん余裕資金のある方なら現金払いでも問題ないかもしれませんが、実際には住宅ローンを利用される方が大半でしょう。

そうなると、毎月一定額を返済に充てる必要があります。どの程度の借り入れをするかにもよりますが、その額は月々10万円程度にはなるでしょう。これを、10年、20年と払い続けることを考えたら、現在の収入や家計の状況だけでなく、ご自身やご家族の将来設計を踏まえた無理のない借り方、返し方を検討する必要があります。

「三大支出」のバランスが大事

「三大支出」のバランスが大事

とくに注意したいのは、家計に占める費用のバランスです。たとえば人生の三大支出と呼ばれるものに「住居費」「教育費」「老後費」がありますが、このなかでどれかが突出しても、他のマネープランに大きな影響を与えます。

それは住居費、つまり住宅ローンの返済も同じ。無理をして多額の借り入れをしてしまうと、毎月の返済が大きくなったり、ボーナスでの負担が増えたりして、教育資金や老後の蓄えへのしわ寄せが心配されます。

マイホームをどの程度の予算で建てるか、自己資金と借り入れのバランスをどう取るか、住宅ローン商品をどのようなものにするかといった検討と選択が大きな意味をもってきます。

土地代や建築費以外のコストも押さえておくことが大切

土地代や建築費以外のコストも押さえておくことが大切

もうひとつ忘れてはならないことが、マイホーム購入には土地の代金と住宅の建築費用以外のコストがかかるということ。たとえば、住宅の取得や維持に伴う税、申請や登記に必要な費用、そして引っ越しや家具・家財の購入にかかる費用も考えておかなければなりません。

また、屋外の電気工事や外構工事は住宅本体とは別に費用がかかるのでこの点にも注意が必要です。こうした「諸費用」を“込み”でマイホーム購入を考えないと、予算オーバーという状況に追い込まれることになるでしょう。

資金計画で失敗しないための「勉強会」を開催中

GRACE HOME(株式会社 阿部建設)では、マイホーム購入に関わる資金計画について基本から学べる「勉強会」を随時開催していますので、ご興味・ご関心のある方はぜひ参加してみてください。参加費用は無料。参加されたからと言って、当社で家を建てなければならないということはありませんのでご安心ください。なお、この勉強会について詳しくはこちらをご覧ください。

PICK UP! -賢い主婦の家計やりくり術-

住宅ローンと聞いて多くの方がまず思い浮かべるのは、住宅金融支援機構の「フラット35」でしょう。その他にも4,800種類もの住宅ローン商品があるのをご存知でしょうか? フラット35は名前の通り全期間固定金利が特徴ですが、金利が変動するものや初回から完済まで月々の返済額が変わらないもの、段階的に増えていくもの、それらを組み合わせたものなど、さまざまなバリエーションが存在しています。

そのなかから、ご自身の収入や家計状況に合ったものを選ぶことが重要。住宅ローンの選び方次第では総返済額で何百万という差が付くので、長い目で見たときに家計に大きな影響をもたらします。わが家の経済状況に合ったローン商品をしっかり選ぶことが、賢い主婦と言えるでしょう。

PICK UP! -各種優遇制度を活用しよう-

住宅ローンを利用したら、ぜひ活用したい国の優遇制度があります。それが「住まい給付金」と「住宅ローン減税」。前者は、マイホーム購入で住宅ローンを利用した場合、年収に応じて10~30万円程度の給付が受けられるというもの。後者は10年間、ローン残高の1%が所得税・住民税から控除されるという制度です。どちらも、申請しなければその恩恵を受けられません。

GRACE HOME(株式会社 阿部建設)では、住宅ローン選びをアドバイスさせていただくだけでなく、こうした給付金や優遇制度を受けられるよう、申請のお手伝いもさせていただいています。お気軽にご相談ください。