中津で注文住宅を手がける阿部建設が”アトリエ建築家とつくる家”についてお話しします。

GRACE HOME 株式会社 阿部建設

MENU

TOP

家づくり勉強会のお知らせ

モデルハウス見学会

会社・スタッフブログ

アトリエ建築家とつくる家

ハイセンスでオリジナリティーに富んだ家づくりをご提案

一級建築士に住宅設計を依頼するなんて、敷居が高くてムリ──そんな、今までの常識を覆したのが「R+house」(アールプラスハウス)の家づくり。憧れのアトリエ建築家の手によるプランニングを手に届く価格で実現した画期的なシステムです。ご用命は、中津・豊前・宇佐でアトリエ建築家とつくる家をご提案する注文住宅の「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」まで、お気軽にどうぞ。

アトリエ建築家とは

アトリエ建築家とは

建物の設計をするだけでなく、住環境に関する豊富な知識を生かしてライフスタイルや価値観を表現する一級建築士が「アトリエ建築家」です。かつては、ハイセンスで個性的な家を建てようとすると、アトリエ建築家に住宅の設計を直接依頼するしかありませんでしたが、設計料も相応に高く決して身近な存在とは言えませんでした。

こうした現状をなんとか打開し、多くの方にアトリエ建築家による家づくりを検討していただけるよう、優れた品質や性能は維持しながら、コスト面を徹底的に見直した新発想の家づくりのシステムが「R+house」(アールプラスハウス)です。

理想を現実に変えるためのヒアリング

理想を現実に変えるためのヒアリング

アトリエ建築家と一般の工務店で働く設計士では、仕事におけるスタイルが根本的に異なります。たとえば、工務店の設計士は施主様との打ち合わせに際して「部屋数はいくつ必要か?」「リビングは何帖にしたいか?」と具体的に聞いてきます。ところがアトリエ建築家は、住まいのこだわりや理想、そこでどんな暮らしがしたいかといったより本質的な点に的を絞ってヒアリングし、プランに反映します。どちらが施主様の想いをより理想的な形に具体化できるでしょうか。当然、アトリエ建築家でしょう。

施主様の想いに着目し、アトリエ建築家自身の経験値、センス、自由な発想に基づいて、生活空間をプランニングします。部屋数やリビングの広さといった物理的な仕様などは、彼らにとって枝葉末節に過ぎません。理想の住まいを追求していけば、そうした要素は自ずと決まってくるからです。

ライフスタイルを考えたプラン

ライフスタイルを考えたプラン

建築家の手がける家と言うと、設計者の主張ばかりが目立つ“作品”となりがちで、施主側の意向は二の次になってしまうのではないかという懸念もあるでしょう。でも、R+houseの家づくりは違います。もちろん、オリジナリティーや遊び心は大切にしていますが、彼らのゴールはあくまでもそこに暮らす方にとってベストなプランニングを考えること。

ご家族の暮らしがつねに快適で健康的であるように、生活空間や動線のあり方、使い勝手を最適化するのが本来の仕事です。大切な家づくりを安心して託せるのはR+houseだからこそと言ってよいでしょう。

コストを考えた最適な仕様

コストを考えた最適な仕様

従来までは、独立系の設計事務所に住宅設計を依頼するのは簡単ではありませんでした。設計料の高さがハードルとなっていたからです。しかし、アトリエ建築家によるプランニングをより身近なものにしたいという発想からスタートしたR+houseは、打ち合わせの回数や予算内で使用できる建材・部材の種類に一定の制約を設ける、工程のムダを徹底して排除するなどして、水準以上の住宅品質、デザインクオリティーを維持しつつ、常識を打ち破るローコストを実現しました。

ムダを徹底排除してさらなるローコスト化を実現

一般に注文住宅が建売より高価なのは「自由設計=オーダーメイド」だからですが、じつは理由はそれだけではありません。

たとえば、ハウスメーカーや工務店が利益を上乗せしようとして意図的に割高な建築資材を採用していることも大きな要因のひとつ。また、注文住宅では工期が予期せず長期化するといったことも往々にしてありますが、これもコスト高に直結します。

R+houseの家づくりでは、こうしたムダを徹底的に排除することで住宅の品質や性能を落とさずにコストだけをカットすることに成功しました。GRACE HOME(株式会社 阿部建設)でも建設資材の仕入れや現場での作業手順を大幅に見直すなど、ローコスト化への取り組みを徹底しています。