アトリエ建築家とつくる家

ハイセンスでオリジナリティーに富んだ家づくりをご提案

一級建築士に住宅設計を依頼するなんて、敷居が高くてムリ──そんな、今までの常識を覆したのが「R+house」(アールプラスハウス)の家づくり。憧れのアトリエ建築家の手によるプランニングを手に届く価格で実現した画期的なシステムです。ご用命は、中津・豊前・宇佐でアトリエ建築家とつくる家をご提案する注文住宅の「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」まで、お気軽にどうぞ。

アトリエ建築家とは

アトリエ建築家とは

建物の設計をするだけでなく、住環境に関する豊富な知識を生かしてライフスタイルや価値観を表現する一級建築士が「アトリエ建築家」です。かつては、ハイセンスで個性的な家を建てようとすると、アトリエ建築家に住宅の設計を直接依頼するしかありませんでしたが、設計料も相応に高く決して身近な存在とは言えませんでした。

こうした現状をなんとか打開し、多くの方にアトリエ建築家による家づくりを検討していただけるよう、優れた品質や性能は維持しながら、コスト面を徹底的に見直した新発想の家づくりのシステムが「R+house」(アールプラスハウス)です。

理想を現実に変えるためのヒアリング

理想を現実に変えるためのヒアリング

アトリエ建築家と一般の工務店で働く設計士では、仕事におけるスタイルが根本的に異なります。たとえば、工務店の設計士は施主様との打ち合わせに際して「部屋数はいくつ必要か?」「リビングは何帖にしたいか?」と具体的に聞いてきます。ところがアトリエ建築家は、住まいのこだわりや理想、そこでどんな暮らしがしたいかといったより本質的な点に的を絞ってヒアリングし、プランに反映します。どちらが施主様の想いをより理想的な形に具体化できるでしょうか。当然、アトリエ建築家でしょう。

施主様の想いに着目し、アトリエ建築家自身の経験値、センス、自由な発想に基づいて、生活空間をプランニングします。部屋数やリビングの広さといった物理的な仕様などは、彼らにとって枝葉末節に過ぎません。理想の住まいを追求していけば、そうした要素は自ずと決まってくるからです。

ライフスタイルを考えたプラン

ライフスタイルを考えたプラン

建築家の手がける家と言うと、設計者の主張ばかりが目立つ“作品”となりがちで、施主側の意向は二の次になってしまうのではないかという懸念もあるでしょう。でも、R+houseの家づくりは違います。もちろん、オリジナリティーや遊び心は大切にしていますが、彼らのゴールはあくまでもそこに暮らす方にとってベストなプランニングを考えること。

ご家族の暮らしがつねに快適で健康的であるように、生活空間や動線のあり方、使い勝手を最適化するのが本来の仕事です。大切な家づくりを安心して託せるのはR+houseだからこそと言ってよいでしょう。

永く快適に住める家づくり

省エネ性能・耐久性・耐震性の高さにも注目

中津・豊前・宇佐で注文住宅を手がける「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」。当社がこだわっているのは秀逸な住宅デザインやコストパフォーマンスだけではありません。省エネ性能や耐久性、耐震性など住宅としての基本性能の高さもご注目いただきたいポイント。すべては、末永く快適に住める家づくりのための設計仕様です。

省エネ性能・耐久性・耐震性

省エネ住宅

省エネ住宅

地球温暖化対策の一環としてエネルギー政策に力を入れている日本政府は、2020の東京オリンピックが開催される年までに、「標準的な新築住宅でZEHの実現を目指す」と具体的な数値目標を掲げています。

このZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」のことで、住居の断熱性・省エネ性能を上げることで年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にしようという取り組みです。

このZEHに対応した家づくりにいち早く取り組んできたのがGRACE HOME(株式会社 阿部建設)。国が定める厳しい省エネ基準を余裕でクリアする高気密・高断熱設計で、地球環境にも家計にもやさしい住まいを他に先駆けて実現しています。

長期的に見ればランニングコストに大きな差が

当社がご提案する省エネ住宅は、建物の高気密・高断熱化を推し進めることで、冷暖房機器に手を加えずにエネルギー消費量を抑えることを主眼としています。

つまり、住まいのエネルギー消費を根本から見直すことで、徹底した光熱費軽減を図るのも当社の手法。何十年とそこで暮らすことになる家だけに、省エネ対策がしっかり施された場合とそうでない場合とでは、長期的に見てランニングコストに大きな差が生じます。省エネ住宅をお考えなら、ぜひGRACE HOME(株式会社 阿部建設)にご用命ください。

高気密住宅

高気密住宅

住宅の省エネ化とは冷暖房効率を高める家づくりと言い換えてもよいでしょう。しかし、その実現のためには、屋外の気温がどう変化しようと、室内の温度を一定に保つ工夫が欠かせません。「高気密化」とはそのための技術と言えます。つまり「密閉性を高めた家」のことで、「すき間風の入らない家」と言えばわかりやすいかもしれません。

1㎡あたり「はがき1/3枚分」のすき間しかない家

この「密閉性」を示す指標に「C値」というものがありますが、これは建物1㎡あたりどれだけのすき間があるかを表したもの。たとえば、日本の温暖な地域では約30坪の平均的な家で「5」が適正値とされています。はがきサイズに換算して3枚+1/3枚分と表現すればイメージしやすいでしょう。これに対し、GRACE HOME(株式会社 阿部建設)が独自に定める基準では「0.5」が適正値で、一般的な住宅の約10倍も高気密であることがわかります。はがきサイズに換算するとなんと1㎡あたり1/3枚の小さなすき間しかないということになります。

高断熱住宅

高断熱住宅

住宅の省エネ性能を左右するもうひとつの要素が「高断熱化」。建物の外部と接する外壁や屋根、窓などを通じて熱が伝わらないよう遮断することで冷暖房の効率を上げる技術と言ってよいでしょう。この断熱性能がどの程度かを表す指標が「Q 値」と「UA値」と呼ばれるもので、前者は熱の逃げにくさを示す「熱損失係数」のこと。

一方、「UA値」は別名「外皮平均熱貫流率」と言うように、各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割ったより厳密な指標です。どちらも数字が小さくなるほど断熱性が高いことを示しています。下は長期優良住宅基準とGRACE HOME(株式会社 阿部建設)が手がけた家の数値を比較したものですが、当社設計による家が基準値を大きく上回る性能を示しました。

Q値(熱損失係数) UA値(外皮平均熱貫流率)
長期優良住宅 2.7 0.87
一般的なZEH住宅 - 0.6
GRACE HOME標準住宅 1.9 0.56
快適性・健康生活にも貢献する高気密化

高気密化のメリットは省エネ化だけではありません。建物内の温度差がなくなるので冬場に生じやすい健康被害である「ヒートショック」の予防にもなります。また、窓や壁部分の結露が改善されるので、湿気がこもりにくくなり、カビやダニの発生も抑えられます。さらに、花粉やPM2.5 が室内に侵入しにくい、防音効果が期待できるといった利点もあります。

耐震住宅

耐震住宅

ここ数十年の間に、列島を襲った巨大地震の多くは震度6を超えるすさまじい揺れを伴っています。日本の家は、地震の揺れで倒壊するような脆弱な構造であってはいけません。GRACE HOME(株式会社 阿部建設)が手がける住まいは、阪神大震災、東日本大震災クラスの地震にもビクともしない耐震性を確保しています。

面で支えるR+houseの家は地震に強い

当社が採用しているR+houseの家づくりでは、独自の構造パネルで建物を面で支える「パネル工法」を導入しています。在来工法による一般の木造住宅とは異なり、柱や梁だけでなく壁と床が一体となった「面」で全体を支えるので、地震や風による外力を効果的に分散します。

地盤改良で対策はより万全に

R+houseの家づくりでは、地盤に孔(あな)を空け、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法「HySPEED(ハイスピード)工法」を採用。大きな揺れが生じても、内部の砕石層が柔軟に追従するので地盤の崩れを防ぎ、しかも、揺れそのものを減衰させる効果も高いので、物へのダメージを最小限にとどめます。また、土壌より水はけのよい砕石層の存在で、土地の液状化も効果的に防げます。

コスト削減について

優れたデザイン・品質でもローコスト、その理由は

アトリエ建築家とつくる家を手の届く価格で提供する当社のR+houseは、高品質・高性能なデザイン住宅をローコストで実現しています。ここでは、中津・豊前・宇佐で注文住宅を手がける「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」が、R+houseのコストカット手法について詳しくご説明します。

設計上のムダをなくすためのルールづくりがカギ

設計上のムダをなくすためのルールづくりがカギ

R+houseが、アトリエ建築家とつくる家を手の届く価格で提供できるのには理由があります。それがセミオーダーによる家づくり。注文住宅は「自由設計=フルオーダー」が基本ですが、何もかも自由となると、選択肢となる建材やパーツの品目数が膨大になり、しかも部材の寸法もさまざまなので、どれを選び決めるのにも難儀しかねません。打ち合わせ回数もその分、多くなります。

デザイン性や品質に影響しないコストだけをカット

そこで、予算内で使用できる建材・部材のバリエーションや打ち合わせの回数に上限を設けることで、材料や人件費、工期のムダを解消。住宅のデザイン性、品質、性能を水準以上のレベルを維持しながら、大幅なコスト削減を可能にしています。これが、R+houseのセミオーダー住宅です。

後から変更しにくい箇所からコストを固める

後から変更しにくい箇所からコストを固める

自由が利かないことは決して悪いことではありません。余計な選択肢に振り回されない分、住宅設計という本質面に集中できるからです。もちろん、GRACE HOME(株式会社 阿部建設)が主張するセミオーダーの家づくりで、制約が生じるのは部材の寸法や仕様、外観や設備の一部など、住まいのデザインや品質に影響を与えないごく限られたものだけです。

また同時に、サッシや断熱材など住宅性能に関わる部分や床材など後から変更するのが難しい部分を標準化することで、ムダな設計変更や仕様変更を回避して、コスト高になるのを防いでいます。こうした取り組みも、R+houseによる家づくりの特徴と言えるでしょう。

直接の仕入れによるコスト削減

直接の仕入れによるコスト削減

建築コストを上げる要因で見逃せないのが仕入れのムダ。とくに卸問屋など中間業者から建材・部材を購入するとマージンが上乗せされるので当然、高く付きます。その点、当社では加盟店全体がメーカー直で仕入れを行うシステムを採用しているので、こうしたムダがなく、建築資材にかかる費用の大幅削減が可能になりました。

同じ費用なら、ワンランク上の家が建つ

セミオーダーにより部材や工程のムダを省き、建築資材の直接仕入れでトータルでコストダウンを図っているGRACE HOME(株式会社 阿部建設)。当社なら他のハウスメーカー、工務店より優れたデザイン、高品質な家がより低予算で建てられます。もし、ワンランク上のマイホームをご希望なら、ぜひ私たちに家づくりをおまかせください。必ずご満足のいく一棟をご提案いたします。

資金計画

マイホーム購入で失敗しないためのヒント

多くの方にとって、マイホーム購入は一生に一度。何千万という大金が動く買い物だけに、資金計画をどうするかが重要です。住宅ローンはどの商品を選ぶか、返済計画をどうするかといった基本的なことはもちろんですが、家づくりにかかるコストをしっかり洗い出しておくことも大切です。ここでは、中津・豊前・宇佐で注文住宅をご提案する「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」がこの資金計画をどう考えるべきか、わかりやすく解説します。

将来を見据えた資金計画

最低でも数千万円程度の費用が生じる新築一戸建て。もちろん余裕資金のある方なら現金払いでも問題ないかもしれませんが、実際には住宅ローンを利用される方が大半でしょう。

そうなると、毎月一定額を返済に充てる必要があります。どの程度の借り入れをするかにもよりますが、その額は月々10万円程度にはなるでしょう。これを、10年、20年と払い続けることを考えたら、現在の収入や家計の状況だけでなく、ご自身やご家族の将来設計を踏まえた無理のない借り方、返し方を検討する必要があります。

「三大支出」のバランスが大事

「三大支出」のバランスが大事

とくに注意したいのは、家計に占める費用のバランスです。たとえば人生の三大支出と呼ばれるものに「住居費」「教育費」「老後費」がありますが、このなかでどれかが突出しても、他のマネープランに大きな影響を与えます。

それは住居費、つまり住宅ローンの返済も同じ。無理をして多額の借り入れをしてしまうと、毎月の返済が大きくなったり、ボーナスでの負担が増えたりして、教育資金や老後の蓄えへのしわ寄せが心配されます。

マイホームをどの程度の予算で建てるか、自己資金と借り入れのバランスをどう取るか、住宅ローン商品をどのようなものにするかといった検討と選択が大きな意味をもってきます。

土地代や建築費以外のコストも押さえておくことが大切

土地代や建築費以外のコストも押さえておくことが大切

もうひとつ忘れてはならないことが、マイホーム購入には土地の代金と住宅の建築費用以外のコストがかかるということ。たとえば、住宅の取得や維持に伴う税、申請や登記に必要な費用、そして引っ越しや家具・家財の購入にかかる費用も考えておかなければなりません。

また、屋外の電気工事や外構工事は住宅本体とは別に費用がかかるのでこの点にも注意が必要です。こうした「諸費用」を“込み”でマイホーム購入を考えないと、予算オーバーという状況に追い込まれることになるでしょう。

資金計画で失敗しないための「勉強会」を開催中

GRACE HOME(株式会社 阿部建設)では、マイホーム購入に関わる資金計画について基本から学べる「勉強会」を随時開催していますので、ご興味・ご関心のある方はぜひ参加してみてください。参加費用は無料。参加されたからと言って、当社で家を建てなければならないということはありませんのでご安心ください。なお、この勉強会について詳しくはこちらをご覧ください。

土地選びについて

マイホーム購入の前に、まず土地探しからという方へ

家の間取り、プランはその土台となる土地の形状や広さに大きく影響されます。理想のマイホームを建てるには、土地選びから始めなければなりません。ここでは、「家づくりの前に、まず用地探しから」という方に向けて、賢い土地選び、失敗しない土地選びのヒントについてお話しします。中津・豊前・宇佐で注文住宅を手がける「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」なら、家づくりだけでなく土地選びもサポートします。

土地選びについて

土地選びについて

ごく当たり前の話ですが、土地がなければ家は建てられません。かといって、どんな土地でもOKかと言えばもちろん違います。では、住宅建築に適した土地とはどのようなものでしょうか? まず日当たりや風通しがよいこと、そして道路付けがよく、上下水道や都市ガスなどのライフラインが充実していることが理想です。さらに、都市計画法など法的規制に照らして問題がなければ言うことはありません。

上手に妥協することも大切

ただし、それがすべてではありません。大事なのは家族にとってベストなロケーションかどうかということ。たとえば、土地そのもののよし悪しにこだわりすぎて、通勤・通学のアクセスや周辺環境を度外視してしまうと後悔することになるでしょう。また、便利さだけに着目しすぎると、治安や騒音で不安を抱くことになるかもしれません

とは言え、すべての条件を満たすパーフェクトな土地は現実的ではないので、どこかで妥協しなければなりません。その妥協点を探りながら、ベストな選択をするのが土地選びの極意です。

不動産会社はいい土地を売りたがらない?

一般の方が住宅建築用地を探す際、まず地元の不動産会社をあたるでしょう。でも、必ずしも理想的な土地を紹介してもらえるとは限りません。なぜなら、不動産会社はよい物件を入手すると、日頃付き合いのある顧客に対して優先的に売りたがるからです。

物件情報を公開して誰もが購入できるようにするのがこの業界のルールですが、地元の不動産会社は物件を公開せず、自社で“囲い込み”をして、特定の顧客に対して優先的に紹介する傾向があります。業者に依頼しておいても、なかなか思うように土地探しが進まないという場合はこうしたケースが考えられます。

土地選びも、GRACE HOME(株式会社 阿部建設)におまかせください

ご家族の現状、将来設計にマッチした理想に近い土地を探すのはやはり至難の業。不動産会社に相談しても、本当によい土地を紹介してくれるとも限りません。

GRACE HOME(株式会社 阿部建設)なら、皆様のご要望、将来設計なども勘案しながら、複数の候補地をご提案できます。不動産会社ではないので、囲い込みや出し惜しみもしません。マイホーム購入を計画しているものの、土地用地の取得がまだという方はぜひお気軽にご相談ください。

土地探しのポイント

土地探しのポイント

それでも、理想の土地選びは難しいもの。たとえば、周辺環境、ロケーションともに申し分ないのに肝心の土地が狭い、面積だけは十分なのに形状がいびつで家を建てられるかどうか不安という場合もあります。こうした土地を「狭小地」「変形地」などと言いますが、一般にはどの工務店もこうした土地を敬遠しがち。なぜなら、正方形や長方形といった形状の土地を想定したプランではなくなるので、社内の設計士では対応できないからです。

R+houseの家づくりなら、悪条件の土地でも理想的な住まいをプランできます

アトリエ建築家が設計を担当するR+houseの家づくりなら、狭小地、変形地といった悪条件を逆手に取って、暮らしやすく個性的な家をご提案できます。これから土地を探すという方も、すでに取得済みの土地がたまたま狭小地、変形地だったという方も、GRACE HOME(株式会社 阿部建設)におまかせいただければ、皆様にとって理想の住まいを実現することができます。

安心保証とアフターメンテナンス

充実保証と手厚いアフターメンテナンス

中津・豊前・宇佐で注文住宅を手がける「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」では、当社でマイホームを建てたすべての方が末永く快適に、安心して暮らしいただけるように、また、ご自宅が資産価値を末永く維持できるように、徹底した保証体制、アフターメンテナンスをご用意しています。

家づくり後のメンテナンス

家づくり後のメンテナンス

どんな注文住宅でもご依頼から半年、長くとも1年程度で完成します。ところが、施主様とそのご家族の暮らしは、その後も何十年と続いていくもの。だからこそ、GRACE HOME(株式会社 阿部建設)は、建ててからのお付き合い、アフターメンテナンスを大切にしています。

竣工後の定期点検を通じて、お住まいや設備に不具合はないか、お困りごとはないかを確認し、何か問題があれば迅速に補修・修繕させていただきます。

定期点検スケジュールと主な点検内容
①長期修繕計画の作成 
~まずは計画を立てましょう~
住宅は立てて終わりではありません。どんなに性能の良い家を建てたにしてもメンテナンスをしていかなければ傷んでしまいます。その為、定期的に状況を確認して、必要な補修、交換などをしていく必要があります。家によって、使っている部材が違うのでメンテナンスをするタイミングや必要な費用も様々です。本当に安心した生活をしていくためには、住み始める前に長期修繕計画を作成し、それに基づいてメンテナンスを実行していく必要があります。計画なくして、適切なメンテナンスがされることはありません。お引き渡しの際に、あなたのお家の住宅の長期修繕計画を作成致します。

arrow

②定期点検の実施 
~第三者機関による点検が大事です~
安心して生活していくためには、定期的に住宅の状況を確認する定期点検が必要です。定期点検のタイミングは住宅会社によって様々ですが、最初の10年以内は最低3回以上、10年目以降も数年に1度定期的に点検を実施していく必要があります。点検の時に、必要な補修があった場合は、補修をお願いしましょう。放っておくと傷みや故障に繋がります。なお、定期点検は第三者機関に行ってもらうことが大事です。客観的に住宅に問題がないか、点検することで本当に安心した暮らしが手に入ります。住宅の点検に関する資格を取得した第三者機関の検査員が点検をしてくれるかどうかが、安心で快適な生活を続けていく大事なポイントです。

arrow

③住宅履歴情報の管理 
~クラウド管理なら安心~
住宅の情報をしっかり残しておくことも大事です。住宅の図面や契約書、点検やメンテナンスの履歴などあらゆる住宅に関する情報が残っていることで、適切なタイミングや価格、工期で補修やリフォームを実行できます。また、この情報がない場合、万が一住宅を売却することになった時に、査定の価格が下がってしまう可能性があります。なお、住宅の情報は災害によって消失してしまうことも発生しますので、クラウドのシステムで管理致します。

arrow

【メンテナンス時期】

  • 6か月
  • 1年
  • 3年
  • 5年
  • 10年
  • 15年
  • 20年
  • 25年
  • 30年
  • 35年
  • 40年
  • 45年
  • 50年
  • 55年
  • 60年

arrow

10年保証 -瑕疵担保責任-

10年保証 -瑕疵担保責任-

GRACE HOME(株式会社 阿部建設)では、国が定める「住宅品質確保促進法(品確法)」に基づいて10年間の瑕疵担保補償を整備しています。これは、新築住宅の基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について、完成引き渡し後10年以内に何らかの瑕疵(欠陥)が見つかった場合、施工を担当した工務店や不動産業者に無料補修などが課される制度。R+houseの家づくりではこうしたリスクを極力排除していますが、万が一のケースが生じた場合でもお客様のご自宅と権利をお守りできます。

長期優良住宅認定

長期優良住宅認定

住宅の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の9項目について国が定める一定の基準を満たした住宅を認定する制度が「長期優良住宅」と呼ばれるもの。なお、当社のR+houseで建てる家はすべて長期優良住宅の基準を大きくクリアする住宅性能を備えているので安心です。

もちろん、申請によりスムーズに認定が受けられ、各種減税やローン金利優遇など、さまざまなメリットが得られます。また、申請手続きもR+house の加盟店であるGRACE HOME(株式会社 阿部建設)が代行します。

地盤保証

地盤保証

住宅の強度は建物の構造だけで決まるものではなく、敷地の地盤にも大きく影響を受けます。R+houseを採用するGRACE HOME(株式会社 阿部建設)は、着工前に地盤状況を確認した上で必要に応じて改良工事を実施しますが、万が一のケースでも「地場瑕疵保証」が受けられるので安心です。

不同沈下などで建物が損害を被ったり、敷地を修復したりする必要が生じた場合、お引き渡しから最長60年間にわたり最高5,000万円まで保証が受けられます。

住宅性能評価書の発行

住宅性能評価書の発行

GRACE HOME(株式会社 阿部建設)では、当社で手がけるすべての建築物について、住宅性能評価書を完成・お引き渡し時にお渡ししています。この住宅性能評価書は、住宅品質確保法に基づいて第三者機関が評価や検査を行い交付するもので、「住まいの通知票」とも言える大切な書類。この評価書がお手元にあれば下記のようなケースでさまざまなメリットが得られます。

住宅性能評価書発行のメリット
  • 万が一のトラブルでも紛争処理が円滑、迅速に行える
  • 地震保険料を安くできる
  • 住宅瑕疵保険の加入や長期優良住宅の認定に有利
  • 住宅ローン「フラット35」の申し込み手続きもスムーズ