中津で注文住宅を手がける阿部建設が建築コスト削減への取り組みについてお話しします。

GRACE HOME 株式会社 阿部建設

MENU

TOP

家づくり勉強会のお知らせ

モデルハウス見学会

会社・スタッフブログ

コスト削減について

優れたデザイン・品質でもローコスト、その理由は

アトリエ建築家とつくる家を手の届く価格で提供する当社のR+houseは、高品質・高性能なデザイン住宅をローコストで実現しています。ここでは、中津・豊前・宇佐で注文住宅を手がける「GRACE HOME(株式会社 阿部建設)」が、R+houseのコストカット手法について詳しくご説明します。

設計上のムダをなくすためのルールづくりがカギ

設計上のムダをなくすためのルールづくりがカギ

R+houseが、アトリエ建築家とつくる家を手の届く価格で提供できるのには理由があります。それがセミオーダーによる家づくり。注文住宅は「自由設計=フルオーダー」が基本ですが、何もかも自由となると、選択肢となる建材やパーツの品目数が膨大になり、しかも部材の寸法もさまざまなので、どれを選び決めるのにも難儀しかねません。打ち合わせ回数もその分、多くなります。

デザイン性や品質に影響しないコストだけをカット

そこで、予算内で使用できる建材・部材のバリエーションや打ち合わせの回数に上限を設けることで、材料や人件費、工期のムダを解消。住宅のデザイン性、品質、性能を水準以上のレベルを維持しながら、大幅なコスト削減を可能にしています。これが、R+houseのセミオーダー住宅です。

後から変更しにくい箇所からコストを固める

後から変更しにくい箇所からコストを固める

自由が利かないことは決して悪いことではありません。余計な選択肢に振り回されない分、住宅設計という本質面に集中できるからです。もちろん、GRACE HOME(株式会社 阿部建設)が主張するセミオーダーの家づくりで、制約が生じるのは部材の寸法や仕様、外観や設備の一部など、住まいのデザインや品質に影響を与えないごく限られたものだけです。

また同時に、サッシや断熱材など住宅性能に関わる部分や床材など後から変更するのが難しい部分を標準化することで、ムダな設計変更や仕様変更を回避して、コスト高になるのを防いでいます。こうした取り組みも、R+houseによる家づくりの特徴と言えるでしょう。

直接の仕入れによるコスト削減

直接の仕入れによるコスト削減

建築コストを上げる要因で見逃せないのが仕入れのムダ。とくに卸問屋など中間業者から建材・部材を購入するとマージンが上乗せされるので当然、高く付きます。その点、当社では加盟店全体がメーカー直で仕入れを行うシステムを採用しているので、こうしたムダがなく、建築資材にかかる費用の大幅削減が可能になりました。

同じ費用なら、ワンランク上の家が建つ

セミオーダーにより部材や工程のムダを省き、建築資材の直接仕入れでトータルでコストダウンを図っているGRACE HOME(株式会社 阿部建設)。当社なら他のハウスメーカー、工務店より優れたデザイン、高品質な家がより低予算で建てられます。もし、ワンランク上のマイホームをご希望なら、ぜひ私たちに家づくりをおまかせください。必ずご満足のいく一棟をご提案いたします。

PICK UP! -ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)-

ZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」のこと。住居の断熱性・省エネ性能を上げることなどにより年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にしようという取り組みです。GRACE HOME(株式会社 阿部建設)では2020年までにZEH率50%達成を目指しています。また、現状でもZEH補助金を活用した新築工事を行っています。詳細は当社までお気軽におたずねください。

PICK UP! -補助金制度について-

現在、ZEH仕様を導入した家づくりに対して、国は補助金を出し、普及を促進しています。なお、補助が受けられる条件は①申請者自身が常時居住していること、②専用住宅であること(店舗などの非住宅部分を含まないこと)、③既築住宅の場合は申請者自身が所有していること、などです。つまり、一般的な新築住宅ではZEH仕様を満たせば問題なく補助が受けられるということ。もちろんGRACE HOME阿部建設が建てる住まいは性能的にもZEH基準をクリアしています。当社で家を建てられる場合は、ぜひこのZEH補助金を活用しましょう。なお、詳細についてはご相談ください。