会社・スタッフブログ

冬暖かく、夏は涼しい家。

こんにちは。

 

アールプラスハウス中津・行橋店 坂井です。

 

今日で3月も終わり。

新年度が始まります✿

 

我が家の娘も年少さんになり

制服が始まりました(*^^*)

 

制服があるとお姉さん感が増し

お着替えも自分で!と張り切っています(笑)

 

明日から新しい生活が始まるみなさま

新生活楽しんでくださいね♪

冬暖かく、夏は涼しい家。

さて、日中もだいぶ過ごしやすくなりましたが、

暖かいを通りこして暑さを感じる日も💦

 

冬の寒い時期は

住宅性能を実感するにはいい時期ではあったのですが

もうすぐ夏の暑さの中での

お家の過ごしやすさを実感いただける季節になります。

 

断熱性能がいいと外が寒くても寒くない

逆に暑くても暑くない。

 

【断熱性能の高い家】

これはお家を建てるうえで絶対条件です。

アールプラスハウスは性能にこだわった家づくりをしています。

 

そして高断熱住宅を建てるには

断熱性気密性計画換気

全てが重要なんです!

 

いくらいい断熱材を使っても

隙間が多いと意味がないです。

(気密性のお話はコチラから)

 

 

今日は断熱についてのお話です。

 

そもそも断熱断熱ってよく聞くけど断熱とは一体!?

 

住宅の外部と接する部分(外壁・屋根・窓)などから
熱が伝わらないように、
室内と室外をエネルギー的に区切ることを「断熱」と言います。

 

そして、断熱工事によって
熱エネルギーの行き来が少なくなった状態が
「高断熱」です。

 

冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く
環境への負荷も少ない住宅と言われています。

 

どうやったら断熱性能が分かるか。


「Q値」 「UA値」をご確認ください。

 

「Q値」(熱損失係数)や「UA値」(外皮平均熱貫流率)は
住まいの保温性能を示す目安、熱の逃げにくさを表しています。
(最低基準:Q値2.7以下、UA値0.87以下)

 

弊社のUA値は施工例のページで公表しています。

そしてQ値、UA値だけでなく断熱材も大事なんです。

 

断熱材は、グラスウールの性能を大幅に上回る

プラスチック系断熱材を標準採用しています。


高性能でありながら施工性も良く、

熱のも強くノンフロンの断熱材です。

冬暖かく、夏は涼しい家。

冬暖かく、夏は涼しい家。

UA値、断熱材にこだわって、

最後は窓。

 

窓はYKKAPのAPW330真空トリプルガラスを標準採用。

 

ガラスとガラスの間の0.2㎜の真空層が

強力な断熱効果を発揮します。

 

冬暖かく、夏は涼しい家。

(画像はメーカーさんからお借りしています)

 

大切な家族と永く暮らす家だから

快適にそして、健康的に暮らして欲しい。

 

そんな想いで家づくりをしています。

お電話でのお問い合わせは

0120-870-425

 

ホームページのお問い合わせフォームは

コチラ

 

公式LINEでも予約受付中

PCの方はコチラ

スマートフォンの方は↓

友だち追加

 

私たち、アールプラスハウス中津・行橋店は、

新築の注文住宅はもちろん、規格住宅や、リフォーム、

土地の売買・仲介をはじめ、

家づくりに関するご質問や、ご要望等のご相談も

随時承っております。

 

建物と共に幸せを創るをミッションに、

地域の工務店として、また、地域の一員として、

より多くの皆様に、私たちの家づくりを知っていただけるよう

今後とも、尽力してまいります。

投稿をシェアする

TOP