会社・スタッフブログ

住宅所得にかかる税金のお話:不動産取得税

こんにちは。

アールプラスハウス中津・行橋店のスタッフ中野です。


お天気が良くなったり、

悪くなったり、

寒くなったり、暖かくなったり

寒暖差疲労に注意です。

生活習慣に気を配り、軽い運動と

体を温めるなどにつとめましょう。

 

とは言え、私は、一つも出来てないですが…。。。

気を付けたいと思います。

 

 

それでは、前置きはここまでにして

本日の本題へ。

 

 

住宅所得にかかる税金のお話:不動産取得税

 

弊社では、お家を建てられる際に、

土地を購入して新築される方が多いので、

そちらメインで書きたいと思います。

 

 

不動産取得税とは。。。

 

不動産(土地や家屋)を

売買、交換、贈与、新築、増築、改築などによって

取得した場合に、その取得した人が納める税金です。

 

 

不動産所得税は、

県税なので、大分県のホームページより

画像をお借りしてきました。

 

住宅所得にかかる税金のお話:不動産取得税

 

おさめる金額は、以下のように決まっています。

 

↓↓↓

住宅所得にかかる税金のお話:不動産取得税

 

不動産の価格とは、

実際の売買契約額や建築工事代金などの

価格に関係なく市町村の固定資産課税台帳に

登録されている価格をいいます。
 ただし、令和3年3月31日までに

取得した宅地や宅地比準土地は、登録価格の1/2とします。

 

固定資産課税台帳は、市役所が管理しています。

 

住宅所得にかかる税金のお話:不動産取得税

 

要件が適応になる住宅には、

徴収額の軽減措置もあります。

 

土地を取得後、まだ家が出来てないよ!?

という方は、一旦納付し、その後申請することで

還付される場合もあります。

色々と、細かく要件が設定されているため、

まずは、要件が適応になるかを

管轄の県税事務所へお問い合わせください。

 

住宅所得にかかる税金のお話:不動産取得税

 

家づくりにはその他にも

登録免許税や、印紙税、消費税などと

いろいろな税金がかかってきます。

 

あらかじめ、どのようなお金がかかるかを

知っておくことで、

事前に対策と検討が可能になります。

 

これから家づくりをはじめる皆様。

完成見学会やモデルハウス見学だけでなく、

住宅にかかる資金のお話や

住んでからの光熱費のお話など、

ご質問も賜っております。

 

ご来場の際に、ご相談、ご質問いただくことも可能です。

あらかじめ、ご予約いただけますと、

スムーズにご案内出来ますので

まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

TOP