会社・スタッフブログ

家鳴りとは??

家鳴りとは??

 

こんにちは。

アールプラスハウス中津行橋店のスタッフ中野です。

 

 

本日は、家づくりのワンポイントを書きたいと思います。

 

実際に住まわれてから、

関心がある方が多いかもしれませんが、

【家鳴り】

ご存知ですか?


 

家鳴りとは??

 

夜、誰もいない空間で、突然

「パキッッ」っと鳴るアレです。。。

 

夜だけとは限らないのですが、

夜は静かだから、余計に気になるのかも

しれませんね(-_-;)

 

そして、心霊現象ではないかと

気になると、目をつぶってシャワーが浴びれなくなります…(笑)

 

実際問題、心霊現象かどうかは

本職ではないので横に置いておきたいと思います。。。

むしろあまり得意ではありません。。。(+_+)

 

 

家鳴りとは??

 

 

新築後、暮らしだしてから

パキッッと鳴る音がなんとなく気になって

調べてみたことが

ある方もいるのではないでしょうか。

 

私自身も、家鳴りのことは知っていましたが

新築後に気になって調べてことがありました。

 

結局、1年もしないうちに

気にならなくはなりましたが、

木造住宅を検討されている方は、

事前に家鳴りについて

知っておくと心強いですね(*‘∀‘)

 

 

 

家鳴りとは??

 

 

せっかくなので、アールプラスハウス中津行橋店の工務担当に

家鳴りについて、話を聞いてみました。

 

 

詳しくコメントを頂いたのですが

あまりにも、専門的な回答だったため

少し、簡単に言い換えてお伝えいたします。

 

いろんな意見があると思いますので

あくまでも個人的な見解ではありますが

ご参考にされてみてください。

 

①土地の場所

②気候の変化

③構造

④木材

 

④つの観点から、書いています。

 

 

家鳴りとは??

 

①土地の場所

 

例えば、前面道路によくトラックやダンプが通る。

新幹線などの線路高架下など。

地盤が車両等の走行時の振動で揺れるため、

家鳴りも起こりやすくなります。

 

 

家鳴りとは??

 

②気候の変化

 

地域によっては、湿気がすごい場所では

間接的というよりも直接的に影響があるのではないでしょうか。

その為には「気密」が重要です。

 

気密が良すぎるというのは、

日本の四季に合っているかと言われると、

100%そうではありません。

古来から彩風を確保した家が一般的でしたが、

性能にこだわり気密を追い求めてしまうと、

風通しのできない家になってしまう訳です。

 

そこで、確実に換気を行うために「機械」(第一種換気)で

風通しを代役しています。

 

昨今、環境が変わり

空気の汚染や、花粉などのアレルギーなども増え

窓を開けて換気を行うよりも

確実に換気を行う機械換気が注目されています。

 

そこには、中途半端な断熱工事や

窓の配置の仕方などにより換気不良が起きるなどで

そもそもの躯体に問題が起こることもしばしばです。

 

中途半端に断熱工事を行うのであれば

法隆寺のように無断熱状態の方が

躯体も長持ちしますが、

わざわざそのような家を建てる方は

なかなかいないのが現実です。

 

断熱材は、しっかりと確認しましょう。

 

 

話はそれましたが。。。

次に。

 

家鳴りとは??

 

③構造の話です。

 

1階と2階の、重心・剛心のズレも関係があります。

柱はなるべく上階と揃える、

耐力壁のバランスの良い配置等々、構造計算は重要です。

また、梁のピッチも重要です。

 

なるべく@910に梁を配置すること、

これを@1820や@2730にしてしまうと、

構造の強い部分と弱い部分が生まれます。

その為の構造計算でもありますが、

コストダウンの為に梁せいを小さくしすぎると

影響が生じたりします。

 

 

家鳴りとは??

 

④新築工事にて使用する木材は新しい材をつかっています。

 

その為、木自体の収縮による家鳴りが考えられます。

クロスのアフターの際に説明しておりますが

新しい木は1~2年経つと落ち着いて、

クロス割れ等の影響が少なくなっていきます。

新しい木とは水分量が多いのか?

そのためのKD材です。つまり、乾燥材です。

 

家鳴りとは??

 

●まとめ

 

新築1~2年時には、なかったのに3~5年経つと症状が出てきた。

という声も聞きます。

地域、環境、間取り、構造など同じ家はないので、

症状の時期・大小はばらばらです。

プラスアルファで住まい方も大切かと思います。

 

R+houseとしての対応は、

気密や構造計算で補っていると言えると思います。

 

 

 

家鳴りとは??

 

不安に思う点があれば、ぜひ

お気軽にご質問ください。

 

ご予約・ご相談・資料請求は、

公式LINEにて

 

PCの方はコチラ

スマートフォンの方は↓

友だち追加

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

家鳴りとは??

 

完成見学会も開催中('ω')ノ

随時、ご予約にてご案内中

 

あなたの理想の家は、二階建て?平屋?

 

それぞれに空間コンセプトがある

建築家住宅。

似ているようで、実は全く違います。

 

暮らし方を人に合わせた家づくりは、

多様性のある間取りをつくり上げます。

 

お好みやご要望に合わせて

建築家住宅を、見学してみませんか?

 

当日予約もOKです。

※ご予約状況により、別日でのご案内となる可能性もございます。

ご了承ください。

 

ご予約・ご相談・資料請求は、

公式LINEにて

 

PCの方はコチラ

スマートフォンの方は↓

友だち追加

お気軽にお問い合わせください。

 

 

TOP