会社・スタッフブログ

階段はオープン?ボックス?

階段はオープン?ボックス?

 

こんにちは。

R+house 中津・行橋店の井上です。

 

一昨日の雨☔は凄かったですね 8-(

運転中のワイパーの動く速さにビックリしました!

そして、お家に帰ってもビックリ。

庭が冠水しておりました (゜゜)

 

地盤が緩んでいる可能性もあります。

土砂災害が起こらないことを祈ります。

 

 

2階建て以上のお家においてほぼ毎日使用するのが「階段」です。

 

階段には様々な種類があり、

本日は「オープンステア」「ボックスステア」についてご紹介します🏘

 

「オープンステア」とは、

階段の踏板の間をスリットにして、階段が見通せる構造になっています。

スケルトン階段やストリップ階段とも呼ばれることがあります。

 

 

 

階段はオープン?ボックス?

メリットとして、

デザイン性が高く、開放感があり、お家が広く感じられる」ことです。

 

最近増えてきている、リビング階段。

リビングに階段があると狭くなりそう。と思われる方が多いと思いますが、

開放感のあるデザインのオープンステアを採用することで、

リビングに階段があっても窮屈さを感じさせず、広々とした空間を維持することができます。

 

また、階段下を丸々自由なスペースとして使うことができ、

観葉植物や水槽などを置いて、おしゃれな空間を演出することも!

 

足元の部分がスリットになっているため、そこから風や光を通すことが出来ます。

日当たりのあまり良くない場所などでも

階段によって風や光を遮られることがないので、明るさを保って生活することができます。

 

階段はオープン?ボックス?

 

デメリットとして、

足元が空いているので、小さなお子様やペットがいるご家庭は、

落下リスクがあるので注意が必要です。

リスクを避ける為に、落下防止のネットがありますので、

ご家庭によっては検討されるのも良いかもしれません。

 

 

 

続いて「ボックスステア」とは、

2階建て以上のお家で良く見かけ、箱を積み重ねたような形をしているものを言います。

 

 

階段はオープン?ボックス?

 

メリットは、

階段下収納をつけることが出来ます。

押入のような感じで、あまり人に見られたくないようなものを収納することができます。

 

また、オープンステアより間取りの自由度が高いです。

オープンステアは基本的に直階段になりますが、

ボックスステアは折れ曲がり階段などを選ぶことができ、形状の自由度が高いです。

 

階段はオープン?ボックス?

 

デメリットとして、

見た目に圧迫感があり、オープンステアと比べると

お部屋の広さは感じられません。

空間を仕切りたい場合には、良いかもしれません。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

本日ご紹介した「オープンステア」の階段。

今週から始まります2階建てのOPEN HOUSEに採用しております!

 

この機会にぜひご覧ください :-)★

階段はオープン?ボックス?

TOP